post by admin | | 0

渋谷には、ロープウェイが通っていた

その昔、渋谷駅のハチ公口の上空にロープウェイが通っていた。
東横百貨店の屋上と玉電ビル(現在の東急百貨店東横店西館)を結ぶもので、「ひばり号」という名前で、1951年に開通した。
車体は黄色とオレンジ色のツートンカラーの流線型とかわいらしい車体で、車内はケーブルカーのように階段式になっていた。
全長75mで定員は12名で子ども限定だった。
しかし、1978年に東急百貨店東横店の新館の建設がはじまると同時に運休し、27年の歴史に幕を下ろした。

20121202-010044.jpg




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です