post by admin | | 0

トンボ鉛筆にはプロ野球球団があった

国内の有名な文房具メーカー、トンボ鉛筆は、プロ野球球団を持っていた。
もともと「高橋ユニオンズ」というプロ野球球団があり、いまひとつパッとしない雰囲気を払拭すべくその球団がトンボ鉛筆と業務提携をして1955年に「トンボユニオンズ」となった。
しかし、1年で結果は出ず、翌年に提携を解消する。
ちなみにその球団は、再び「高橋ユニオンズ」として再開するも資金繰りなどが悪化し、1957年にほかの球団と合併を繰り返し、「千葉ロッテマリーンズ」の前身となるがあまり知られていない。

20121201-235123.jpg




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です