post by admin | | 0

雑煮の餅の形の違い関東と関西

お雑煮の餅が東日本と西日本で形が違うというのは、よく知られています。

東日本では四角い餅を西日本では丸い餅が使われていますが、その境界線は、ちょうど「天下分け目の関ヶ原」岐阜と滋賀の県境あたりにあるそうです。

この四角い餅と丸い餅の違いはナゼしょうじたのでしょうか?

正月の鏡餅を見てもわかるとおり、餅の歴史上、正統だったのは丸形の方だそうです。その理由として有力なのは、満月(望月)をかたどったからだという説です。

完全な円という形が、農作物の豊作を示すことから祈願をこめて丸い餅が作られるようになったそうです。また餅は本来、儀式や祝いの行事に使われるありがたい食べ物であったそうで、そこから丸い形をしていると信じられている「魂(たましい)」をかたどったという説もあるそうです。

では、それがナゼ東日本では四角い餅に変わったのかというと、一般的には、餅を食べる大きさに整えるときに「のし餅を包丁で切るだけで手早く作れるから。」ということのようです。丸い餅ですと、ひとつひとつを手で成形して作らなければなりませんので合理的なわけです。

つまり西日本では伝統文化を重んじ、東日本では合理性を重んじた結果、餅の形の東西分裂が起こったそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です